ふぐ てっさ鶴盛り まるで美術館 日間賀島料理処かちま荘

たこちゃんブログです。

10月から日間賀島ではフグ漁が始まります。そこで料理の方も、海鮮料理だけではなく、フグコースも始まります。

今回はてっさの鶴盛り色々を、紹介したいと思います。

まるで皿に絵を描く芸術。ご覧ください。

てっさ 鶴盛り

てっさの鶴盛りは難しく、フグをさばくだけでも、フグの調理師の資格が必要ですが、鶴盛りとなると、絵心も必要です。

日間賀島でも、鶴盛りのできる板前は少ないです。

まず、基本的な鶴。

鶴のしっぽは、ふぐのヒレ、くちばしは、海苔。目は黒ゴマ。頭は紅葉おろし。

にんじんは、包丁で切った飾り切り。てっさを花びらのように丸めたものと、にんじん、紅葉おろしで、あさつきをおさえて、立てます。

お好みで、フグにあさつきを巻いて食べていただいてもいいです。

同じ鶴でも、こういう形の時もあります。前の鶴と比べると、違いがよく分かりますね。

こういう形の時もあります。首が曲がっているから、違いがよく分かりますね。

正面から見た、鶴盛りです。

大体2人分のてっさで、フグ1匹。これは4人分なので、ふぐ二匹分です。

次々に、ご紹介します。

その時の気分で、鶴盛りの形が、少しずつ変わります。

てっさ 菊盛り

普通は、てっさというと、菊盛りにする板前が多いです。かちま荘も、4人の場合、菊盛りにする時が多いです。

菊盛りの時は、柄付きの皿で、お出しします。てっさが薄いので、皿の柄が見えます。てっさは、2・3枚すくって食べても、1枚ずつでも、どちらでもいいです。

真ん中に、ふぐのヒレで、蝶々の形にしたのを、飾ってあります。

てっさ ラブラブ鶴

201602271202000

鶴がハート型を描いています。これは、主人が、遊び心で作ったもので、普段は作りません。どうしてもご希望の方は、言ってくだされば、作ります。

てっさの錦鯉寿司

てっさで作った錦鯉寿司。これは、追加料理です。一つ、¥1500です。

いかがでしたか。まるで美術館のようですよね。楽しんでもらえましたか。フグのてっさは、ポン酢にスダチを絞って、細いネギを刻んだのと、紅葉おろしを入れて召し上がっていただきます。

贅沢を極めた人が、最後にたどり着く味というだけあって、美味しいです。かちま荘は、ポン酢が手作りなので、すごく美味しく、お客さんの中には、ポン酢だけ飲んでしまう方がいるくらいです。

やはりふぐのポン酢は、手作りでないと、フグの味が活かしきれないと思います。これから寒くなってくると、鍋が恋しくなります。フグ鍋を食べに、日間賀島へきませんか?

またたこちゃんブログでお会いしましょう。

        あと9350

コメント