スポンサーリンク
かちま荘・まりんぶるー

日間賀島まりんぶるー しあわせつかい詩集 春を感じる午後

35年前、ペンネーム「しあわせつかい」として詩を作っていた頃の、手作りの詩集が出てきたので、ご案内いたします。 自分でも詩集を手作りで作っていたことを、すっかり忘れていましたが、懐かしいです。では、まず1ページ目から。 ...

海の風に吹かれて  キュンとする恋心  日間賀島 詩№8

今日はバレンタインです。色々な恋の形がありますが、キュンとする気持ちは、大切にしたいですね。海の画像をバックに、海の風と共に、いろいろなパターンの恋の詩を送ります。 不器用な恋・心温まる恋・キュンとする恋。日間賀島編。どうぞ...
日間賀島

日間賀島 癒されたい人へ 海を見ながら ホッとする  詩№7

世の中はコロナウイルスに翻弄されています。今どんな状況に置かれていてもこの環境でこの場所で生きていくしかないのが現実です。 だからせめて、日間賀島の海の画像を見てホッとして、詩を読んで、ゆったりと心を癒していただきたいと思い...
日間賀島

日間賀島 海を眺めて 寒い寒い日に。ぬくもりを求めて 詩№6     

寒い日が続きます。冬の海は波も荒く、冷たく厳しいです。島は風当たりが強いので、強風に飛ばされそうな時もあります。こういう時は、少しでもぬくもりを求めてしまうのが、人間です。陽だまり。人のぬくもり。そんな冬の詩を集めてみました。  ...
日間賀島

日間賀島 冷たく厳しい冬の海 戦っているのは寒さと風と自分自身 詩№5

冬の海は風の強い日も多く、冷たく厳しく、波も荒い。けれど私達は、ここで生きていかなければならない。どんな風にも、困難にも立ち向かって・・。 冬の海の詩と写真。冷たい冬に、自分自身に、負けないように頑張って生きていきましょう。...

心温まる家族の詩  日間賀島より風よ届け 詩№4

だんだん寒くなってきました。人恋しくなる季節です。大変な世の中ですがみんながんばって生きています。 子供は子供なりに大人は大人なりにがんばっている。やはりその時、一番心の支えとなるのは家族。心温まる家族の詩、届けます。   ...

自殺を考える前に  生きていて 生きてさえいればいい 詩№3

大変な世の中になりました。自殺者が増えているそうです。愛知県は、全国でも第2位らしいですね。 生きていてほしい。生きてさえいればいい。少しでも心に灯りがともせれたらと思い、詩を書きました。どうか伝わりますように。   ...
日間賀島

島暮らし 今日も一人海を見る 日間賀島 詩№2 

日間賀島は離島です。窓の外は海。毎日海を見て暮らしています。広い海を見ていると、心が癒されていきます。なにもかも、浄化してくれます。 海を見ながら書いた詩。第2弾。海・雲・波などの写真とともに、癒されてください。  ...

ソフト短歌 日間賀島 海を見て一句 ポエムのような日記のような

「ソフト短歌」って何?って思うでしょうが、私が勝手に命名したものです。五七五七七にあてはめて、軽ーい気持ちで作ったので、ソフト短歌としました。ポエムのような、日記のような短歌です。 海を見て一句、あなたも作ってみませんか? ...

海の詩 海の写真  島ライフ 目の前は海 日間賀島かちま荘

海の詩をお届けします。日間賀島から、海の写真とともに、皆様に海の癒しや、大きなパワーを感じていただけたら、嬉しいです。島ライフ。目の前が海。毎日海を見ながら、過ごしています。海の色、海からの風、潮の香り、届きますように。 ...
スポンサーリンク