日間賀島 放送ツール エリアトーク 島内情報はこれで

たこちゃんブログです。

島ならではのローカルな情報。どうやってお知らせしているかわかりますか?

日間賀島では、各家庭にエリアトークという放送ツールがあります。船の欠航情報、島内のお知らせがわかるので大変便利です。

普段は漁組が管理していて、毎日、朝7:00 昼12:20 夕方5:20と時間が決まっていて、連絡することがあると、流れます。

各家庭に放送を受信する器具があります。

では、エリアトークの使い方を、ご紹介します。

防災無線

防災無線ともつながっているので、いざというときにも役に立ちます。台風の時など、南知多町から、放送されます。

防災無線は、各家庭のエリアトークだけでなく、日間賀島の何か所かに設置されているメガホンからも流れます。これで、外にいる人にも、知らせることができます。

日間賀島は島国なので、地震があった場合、津波警報などを流すのに、とても大切です。

船の欠航情報

日間賀島の交通手段は船を使わないといけないので、船が出るかどうかは、大きな問題です。台風の時、大風の時、霧の時、船が欠航になるとき、名鉄海上船から、直接放送が入ります。

何時からの船は、欠航だとか、何時から運行するとか、どこ行きの船は欠航だとか、教えてくれるので、大変便利です。

島民は、船の情報のエリアトークが流れると、耳を澄まして聞いています。

漁組からの連絡

漁組のお知らせなどがあると、放送が流れます。

日間賀島の地区のお知らせ

日間賀島地区に関するお知らせ。行事に関するお知らせ、ごみ収集に関するお知らせが流れます。

学校関係のお知らせ

学校からのお知らせも流れます。

工事による通行止めのお知らせ

工事による通行止めがあればお知らせします。

お店屋さんの宣伝・お知らせ

お店屋さんの宣伝や餅投げなどのお知らせ。個人に関する放送は、漁組に頼めば、放送してくれます。ただし、有料です。

時間のお知らせ

昼12:00と夕方5:00に曲が流れます。これは、防災無線で流れるので、外にいても、聞こえます。昼の時間、夕方(帰る時間)がわかるので、便利です。

エリアトークのいいところ

朝・昼・晩と漁組が放送を流してくれるので情報を島民に伝えるのに便利です。

また、緊急に連絡したいことがある場合、いつでも、緊急に放送できるので便利です。災害時など、非常時に役立つのではないかと思います。

日間賀島は離島です。災害時には孤立してしまう恐れもあります。だからこそ、放送ツール、島民同士の助け合いが必要だと思います。

また、色々な情報お届けします。

たこちゃんブログでお会いしましょう

               あと9391

コメント