ふぐのヒレ酒 作り方・器・飲み方 日間賀島女将ブログ

スポンサーリンク

日間賀島のフグ漁が始まるのが10月なので、10月からフグ料理が始まります。ふぐのヒレ酒は、香ばしいいい香りとコクがあって、ヒレ酒のファンの方は多いです。

ヒレ酒の作り方・器・飲み方など、ヒレ酒について知りたいこと色々語ります。

ふぐのヒレ酒の作り方 下準備編

ふぐのヒレはまず、何日か水につけておきます。

水は毎日取り換え、表面のぬめりが出てくるので、塩を付け、もみ洗いします。包丁で、こそげ落とすと、きれいに取れます。

最後にまたよく洗い、バットの裏に並べて、日が当たるところに、乾燥するまで、何日か干しておきます。

完全に乾いたら、スプーンなどを使ってはがし、タッパーに入れて、冷蔵庫に保管します。

ふぐのヒレ酒の作り方 

ヒレを金網に乗せ、ゆっくりとこんがりするまであぶります。

ヒレ酒の器は、お湯を入れて、温めておきます。

お酒の燗をつけます。

少し泡が出るくらい、熱々に温めます。

ヒレ酒の器のお湯をあけ、ヒレを入れます。

熱々のお酒を注ぎ、ふたを閉めます。

ヒレ酒の飲み方

ヒレ酒は、飲むときに、一瞬、火をつけると生臭みが消え、美味しくなります。熱々に燗をする、ヒレ酒だからこそ、火が付くのですがコツがあります。

まず、熱々に燗をすることと、

ふたを取る前に、マッチで火をつけておくこと。火をそばに持っていってふたを開け、火をさらに近づけるとポッと青いような火がつきます。

上手に火がつくと、うれしくなります。火がついたら、ふたをして、火を消します。ずっとつけっぱなしだと、アルコールが飛んでしまいます。

火をつける前に、お客さんに、火をつけるかどうか確認した方がいいです。中には、アルコールが少しでも、とぶのを嫌う人がいます。

ヒレ酒、すごく美味しいです。お酒を飲めない人も、これだけは飲めるという人もいます。

ちなみにヒレ酒は、お酒を飲んでしまっても、つぎ酒として熱々のお酒を注ぐと、もう一杯ヒレ酒を楽しめます。

ヒレ酒の器

かちま荘のヒレ酒の器は、有田焼で、二重になっています。ヒレ酒は熱々の燗をつけますので、手で持っても熱くないようになっています。そして、ふたが付いています。

フグ漁は10月から始まります。フグ料理も10月からです。

ヒレ酒の季節、楽しみですね。寒い時に、熱々のヒレ酒。これぞ大人の楽しみです。

またたこちゃんブログでお会いしましょう。

             あと9384

コメント