日間賀島の盆踊り「かけ踊り」歌詞 全文紹介 日間賀娘は大根娘

たこちゃんブログです。

日間賀島は毎年、盆には盆踊りをやります。その時、かけ踊りというのがあって、青年が太鼓をたたいて、盆踊りの歌を歌うのですが、その歌詞が独特で面白いのでここに書いておきます。

日間賀島「かけ踊り」歌詞全文。ずっと伝わってきた歌、伝えていきたいです。

かけ踊り歌詞

アラ 若い衆は合点か!
アラ 合点がじょうなら
→ここに一つの話がござる
←佐久は照る照る篠島曇る
・あいの日間賀はえー金が降るよ
アラ マカセがじょうなら
→障子開ければ三島が見える
←佐久や日間賀やあの篠島よ
・野島後にてえー伊勢参宮よ 
アラ マカセがじょうなら もう一ついくぞ
→西行法師が
←はじめて東へお下りなされて
→宮の熱田の熱田の宮の
←西の御門で昼寝をなされて
→これほど涼しきこの宮さまよ
←誰が名づけた熱田の宮の
→そこへ神主さんがチョッコラチョイとござれて
←これこれ坊さん西行さんよ
→西という字は西とも読むし
←行という字は行くとも読むぞ
→西へ行くべし西行さまよ
・東下りはえーなんのことよ
→日間賀娘は大根娘
・色が白くてえーみずくさいよ
→色が黒くてもらい手がなけりゃ
・山のカラスはえー皆後家ばかりよ
→沖の暗いのに白帆が見える
・あれは紀の国えーみかん船よ
→松にウグイス梅にはスズメ
・これは木違いえー鳥違いよ
→ボツボツ ボツボツ ボツボツ ボツボツ
←ボツボツ ボツボツ ボツボツ ボツボツ
・ボツボツあるのはえー タコのイボよ
→一条河原で 二条も河原
←三条河原で 四条も河原
牛若丸が千人切りをなされたは五条の橋で
・笠を取られたえーからかしゃせみよ

→好いて好かれて 好かれて好いて
・好いて吸い付く えータコのイボ
→惚れた男は数々あれど
・広げて立つのは えーあなただけよ
→男やごべー かぼちゃのつるよ
・となり周りをえーはえまわすよ
→入れておくれよかゆくてならぬ
・私一人が えー蚊帳の外よ
→閉めておくれよ また行きそうな
・猫が戸棚の えーサカナをとるよ
シッカとはやせ!
アラ マカセがじょうなら も一つくどく
→天の七夕おいとしゃござる
・川をへだてて えー恋をめすよ
アラ マカセがじょうなら
→はげた頭にハエが三匹とまって
←真ん中こばいめは こしゃくなやつで
せったはいて とまって
滑って 転んで 腰骨折って
・二度と止まらぬ えーはげ頭よ
→伊勢は津で持つ 津は伊勢で持つ
・尾張 名古屋は えー城で持つよ
→向こう通るは清十郎じゃないか
→笠がよく似た 行く似た笠が
・丸に十の字は えー皆清十郎よ

アラ マカセがじょうなら
→ことしゃ豊年とし 穂に穂が咲いて
→早稲で七石 おくてで五石 あわせて十二石
→桝もいらぬが とかけもいらぬ
←枡やとかけは 戸棚に入れて
・俵たておき えー実でーはかるよ
→姉もさしたり 妹もさせよ
・同じ蛇の目の えーからかしゃせみよ
→破れふんどしゃ お寺のかんずめよ
・あいまにゃ ぼんさんが えー顔をだすよ

→一つ ヒヨドリには 青菜が頼り
←二つ 船乗りには 追い風たより
→三つ ミミズクには グミの木がたより
←四つ ヨタカには 昼寝がたより
→五つ 医者には 患者がたより
←六つ 娘さんには 若い衆がたより
→七つ 泣く子には 親のチチたより
←八つ ヤマブシには ほら貝たより
→九つ こじきには おわんがたより
・十ー 殿様えー 関所がたより

いかがでしたか。少し長いですが、面白いですよね。わたしは、禿げ頭にハエが三匹止まって、真ん中のコバエがこしゃくなはえで、せったはいてとまって、滑って、転んだというところが好きです。

またたこちゃんブログをのぞきに来てください。なんとなく懐かしくて暖かい話を載せていきます

                 あと9427

コメント