鯛の鯛をさがせ 幸せを呼ぶ開運グッズ 鯛そっくりの骨 日間賀島

たこちゃんブログです。

皆様、鯛の塩焼きを食べる時、鯛の形の骨を探すというもう一つの楽しみ方があることをご存じですか。日間賀島では鯛の鯛と言っています。

昔から、鯛は「めでたい」といって、お祝いの席には必ず出るというめでたい魚。鯛の鯛は、「めでたいめでたい」となるので、さらに幸せを運ぶものとして人気があるのも、うなずけます。

鯛の鯛は、知る人ぞ知る。幸せを呼ぶ開運グッズだそうです。魔除けのお守りや、福を呼ぶ縁起物として重宝されてきたようです。

また、鯛の鯛を肌身離さず持ち歩くと、お金がたまるともいわれており、最近では、金運のお守りとしても親しまれているようです。

鯛の鯛を探す方法をお教えします。ちょっと自慢できる豆知識です。魚には必ず、ヒレ部分に表裏2つついています。

鯛の塩焼き。天然の鯛です。焼きたての熱々を食べると、最高に美味しいです。湯気が出ているのをいただきま~す。けれど今回は、まず鯛の鯛を探しましょう。

この箸の先、ヒレ部分に、鯛の鯛は隠れているはずなんですが・・・

少し皮を取っていくと、骨の部分に、丸い穴の開いたところが、あります。これが目印で、鯛の鯛の目の部分です。ありました。ありました。

ここの骨の部分を取り出します。

上の骨から、上手に鯛の鯛の部分だけ、軽く折るようにして、取り出します。この時、気を付けないと、失敗して壊れてしまうので、慎重に。

ひっくり返して、よーく見ると、鯛の形になってます。けっこうキュートでしょ。鯛の鯛、取り出し、成功です。鯛の鯛は、鯛をひっくり返した裏面にも、同じ位置にあります。

ですから、1匹で、2つあります。ちなみに、2つ目の鯛の鯛は、取り出すとき、少し折れてしまいました。皆様も慎重に、取り出してください。

鯛の鯛を見つけたときは、けっこううれしいものです。鯛の塩焼きを食べて、美味しくて幸せになって、鯛の鯛を見つけて、幸せになってください。一匹の鯛で、2度楽しめます。

皆さん、鯛の鯛を見つけて、開運、金運を引き寄せましょう。レッツ トライ!

鯛を食べる時のひそかな楽しみがまた一つ増えましたね。

また楽しい話を探していきます。たこちゃんブログでお会いしましょう。

            あと9404

コメント