海の近くに松があるのはなぜ?日間賀島大正13年の貴重な写真

スポンサーリンク

どうして海の側には松があるんだろう?疑問に思ったことはありませんか。日間賀島にもたくさん松があります。その謎を探ってみました。

おじいさんが撮った貴重な大正時代の日間賀島の写真も、ご覧ください。写真にもすでに松が写っています。昔から松はあったんですね。

まず、松の特性を調べてみることにしました。普通の植物は、海水や塩が葉につくと枯れてしまいますが、松は塩の害に強い。そして、しなやかで風にも強い。ということがわかりました。

それで、「防風林として人間が植えるから」というのが、海の近くに松がたくさんあることの答えでした。海にはさえぎるものがないので、風が吹くと、家も人も飛ばされそうな風が吹きます。その風を少しでも和らげるために、防風林を植えたのです。

日間賀島でも、ずっとずっと昔、防風林として、松を何本か植えたそうです。その松も、今では大きくなり、木も太くなり見上げるほどになっています。

大きくなりすぎて、電線の方まで伸びてしまったり、松くい虫で、木の幹がやられてしまったり、いろいろありますが、今でも根を張り、大木になり、貫禄さえ備え、日間賀島のあちこちに人々を見守るようにそびえたっています。

ちなみに、松くい虫などにやられて、倒れそうになった松を、伐採するのは、すごく大変な仕事となります。木は思ったより重いので、業者の人がクレーンなどの大きな機械を使って作業しないと、むずかしいです。

我が家の庭にも小さな松の木が生えてきたなあと思ったら、知らない間に大きくなっていました。このままほかっておいて、大木になってしまったらどうしようと、少し不安になっています。

おまけの雑学として、かわいい松ぼっくりの赤ちゃんの画像ものせておきます。

我が家には、おじいさんが撮った大正時代の日間賀島の写真があります。これは東の日間賀神社にある松。

松がずらーっと並んで、風情があります。日間賀神社近辺。向こう側に佐久島が見えます。

このころから思うと、日間賀島も、埋め立てられたり、道ができたり、ずいぶん整備されて都会化しました。この頃は水道もなく、井戸水をくんで、本当に自給自足の島国の生活をしていたそうです。

何年も何年も日間賀島の人々を見ている松は、この変わりゆく世の中をどう思っているんでしょうね

ちょっとした疑問を調べるのも楽しいですね。またたこちゃんブログでお待ちしております。

              あと9421

コメント