2022年 日間賀島 サンライズビーチ・サンセットビーチ 観光情報

スポンサーリンク

日間賀島には、海水浴場が2つあります。東と西にあり、それぞれサンライズビーチ。サンセットビーチ。と言います。インスタスポットでもあります。

海水浴場の画像や、遊び体験情報、イベント情報など、気になる情報をお伝えします。

東港近くにある海水浴場は、サンライズビーチ。名前通り、日が昇る側にあるからです(この画像は冬です)

西港近くにある海水浴場は、サンセットビーチ。夕日の方向にあります。

サンライズビーチ

サンライズビーチには真ん中あたりに監視台があります。監視台の階段に乗って、海をバックに、写真を撮るのが、インスタ映えがすると言って、人気があります。

何人かいる場合、一段ずつずらして立って、写真を撮ると、いい感じに取れるようです。

それから、海水浴場のもっと奥の方へ行ってみてください。左側に階段があり、そこをのぼった高台のところに、通称ハイジのブランコというブランコがあります。

海に飛んでいってしまいそうなスリルと開放感が人気があって、観光スポットとなっています。

最近、ハイジのブランコ下に、どこでもドアが、できました。(ピンク)ちなみにもう一つ水色のどこでもドアがありますが、真ん中のメイン道路を上っていった高台のところです。

夏など、キッズアドベンチャーという体験型の遊びができます。(2022年は、7/16~7/187/23~8/21までやってます。)シュノーケリング・シーカヤック・ハンドクラフト・アーチェリー・火起こし体験・ウインドサーフィンスクール・ビーチファイヤーなど、有料ですが、色々楽しめます。

東浜で9:30から受け付け開始(昼休憩12:00~1:00)

ビーチには、トイレもあるし、シャワーもあります。周りにも、バス型の食べ物屋さんとかもあって、色々楽しめます。西のビーチより、観光客が少ないので、ゆったり遊べます。

サンライズビーチで、毎年8月12日にタコ祭りがあります。夜には、花火もあがります。(2022年は簡素化となっておりますが、20時から、10分間花火が上がります)

サンセットビーチ

サンセットビーチは、サンライズビーチより観光客がたくさんいます。(この画像は、朝早くです。)

夏になると、イルカが来て、有料で、イルカ見学できます。2022年は、5/28~9/25です。

イルカウォッチング(当日受付)300円・イルカタッチ(当日受付)1500円・ふれあいビーチ体験(要予約)3000円というプログラムもあります。

道を挟んだところに、たこのモニュメントがあり、撮影スポットとなっております。

ビーチにはトイレもシャワーもあります。シャワーは、海水浴場の奥の方にあります(無料)。有料で、貸しパラソル・貸し浮き輪・貸し更衣室もありますが、その日によって、お休みしていることもありますので、要注意。

道を挟んだすぐのところに、海の家っぽいところもあり、そこで、シャワー更衣室や荷物預かり、軽食などもあります。(夏限定8/20頃まで)休みの時もありますので、要注意。

監視台がありますので、けがや、落とし物、聞きたいことなど、何かありましたら監視員に声を掛けてください。

西港周辺はにぎやかなので、食べる所もたくさんあるし、お土産屋レンタサイクル貸し釣り竿、もあります。最近、電動レンタルキックボードトゥクトゥクもできました。

また、すぐそばの西港には、ひまぽという新しい待合所があり、ここはトイレコインロッカーもあり、冷暖房も効いているので、快適です。

サンセットビーチで、毎年7月の第2土曜日に、ぎおん祭りがあります。ほうろく流しや、花火もあがります。(2022年は、ぎおん祭りも、簡素化して行いますが、ほうろく流し・花火もあがります。20時20分からほうろく流しが始まり、20時40分から花火21時には終了予定です。3年ぶりの開催です)

2022年は、コロナウイルス拡大防止のため、昼間の山車を引いて、お菓子を配ったり、餅投げをしたりは、ありません。ご了承ください。

今年は特別8月10日宿の日に、花火が上がります。サンセットビーチで、午後8時から。全国の旅館とホテルが、花火師と手を取り合い、花火大会が実現したそうです。

ぐるりーバス

ぐるりーバスという、夏季限定の島内一周バスがあります。2022年は、7/23~8/21の間、運行します。ただし、今までと違い、外周のみ運行となりますので、ご注意ください。料金100円(大人・小人)西のビーチから東のビーチへ移動するときなど、便利です。

日間賀島ビーチ、東西、努力していること

日間賀島では、観光協会というのがあってすべての、旅館・民宿・飲食業が入っていて順番に、海水浴場の掃除をしています。

特に夏は、毎朝、海水浴場の掃除・トイレ掃除をしています。きれいな海水浴場の裏には、日間賀島の人たちの努力があります。

また、日間賀島では、島のあちこちに、救命浮き輪が設置してあります。いざというときに、覚えておくといいですよ。

また、夏の間は、海水浴場の監視当番もあり、順番に行っています。

日間賀島西港の南側に、タコの形の駐在所もあります。インスタスポットにもなってます。

観光客の安全のためにも、日間賀島の人は、努力しています。

日間賀島でのひと時が、快適なものになるように、観光で生計を立てている人が多い日間賀島では、日夜、努力を重ねています。

日間賀島の夏を楽しんでください。海水浴だけでなく、日間賀島の周りの道は、整備されているので、海風を感じながらお散歩するだけでも気持ちいいですよ。

特に、南側の道がお散歩にお勧めです。堤防の上を歩けるので、眺めがいいし、歩道になっているので安全です。またこの道は、夏は風が吹いて涼しく、冬は暖かいです。

またいろいろな情報をお伝えしていきます。たーこブログでお会いしましょう。

           あと9399

コメント