日間賀島 西港周辺の観光スポット 役に立つ情報 ひまぽから

スポンサーリンク

今回は日間賀島西港周辺の紹介をいたします。西港待合所「ひまぽ」・船の説明・かもめ売店のたこまんじゅう・レンタサイクル・貸し釣り竿・タコのマンホール・海水浴場(サンセットビーチ)・タコのモニュメント・タコの形の駐在所と説明します。

西港待合所「ひまぽ」の紹介

日間賀島の西観光船待合所「ひまぽ」を紹介します。「ひまぽ」は、平成31年の3月にできました。まだできたばかりなので、とてもきれいです。冷暖房も入っているので、快適です。

中には、切符売り場・案内所・トイレ・コインロッカーがあります。日間賀島には公衆トイレが少ないのでここを利用するといいと思います。(トイレが新しいので、きれいです)

荷物が邪魔な人は、ここで、コインロッカーに入れるといいですよ。

ここができてから観光客は、暑い時も、雨降りも快適に船を待つことができるようになりました。

特に日間賀島は風当たりが強いので冬の寒風に吹きさらされて待つことがなくなったのが、とてもよかったです。

 船の説明

ここから、師崎行の船河和行きの船が出ています。師崎行の船は30分に一本くらいの割合で出ています。

始発 6:45

最終便 19:30

河和行きの船は電車ご利用のお客様には便利ですが(値段は高いです) 1時間に一本しかないので、時間をチェックしておいた方がいいと思います。

始発 6:50

最終便 17:45

日間賀島には西港と東港がありますが時間帯によっては、西港だけしか着かない便とか東港だけしか着かない便とかあるので、注意してください。また、篠島へ寄ってから、日間賀島へ着く便もありますのでご注意ください。

船の切符は、あらかじめ買ってあっても、西港・東港どちらの港でも使えますので、ご安心ください。

師崎行、カーフェリーもありますが、こちらは北港で港が違います。1日に5便しかないので、こちらも時間のチェックが必要です。

また、カーフェリーの船代も高額です。伊良湖行の高速船もありますが、1日に3本しかないので、こちらも要チェックです。

また伊良湖行は、風の吹きそうな時は欠航になる恐れがあるので注意が必要です。

また船には、海上タクシーという随時出てくれる船もあって(師崎・河和のみ)、終便後でも出てくれるし、7人以上なら、こちらの方が船代が安くなり、宿への送迎もしてくれるので便利です。

「ひまぽ」のまわりの観光紹介

目の前には、お土産屋もあります。たこまんじゅうは、ここで焼いていて、かなり美味しいです。ただ、形がたこになっているだけで、タコが入っているわけではありません。広島のもみじ饅頭のような感じの味です。

タコ饅頭を、箱で買うと、フグの形のフグまんじゅうも、少し混ざっています。

レンタサイクルと、貸し釣り竿の店もあります。レンタサイクルで、島を一周するお客様もたくさん見えます。潮風の中、サイクリングも、気持ちいいです。

せっかく島へ来たなら、釣りも楽しいです。エサ付きで、釣り竿・バケツが借りれます。西港そばの堤防でたくさんの観光客が釣っています。

周辺には、昼食を食べるところもあります。真ん中の道を少し行くとせんべい屋や、串揚げやがあります。

マンホールもたこの絵が付いて可愛いです。たこ・波・カモメ・水仙がデザインされています。ちなみに東の方へ行くと、フグのイラストのついたマンホールのふたがあります。(人気写真スポット)

左側には、海水浴場(サンセットビーチ)があります。観光協会の人が交代で掃除をしているので、きれいです。ここでは、夕日が落ちていくところが見られます。これは朝早くの画像なので人が歩いていません。

夏にはイルカが来て、ふれあい体験などもできます。イルカ見学・タッチ(有料)イルカの受付がありますので、そこでお申し込みください。

また、イルカと一緒に海に入って遊ぶオプションは、予約がいりますので、宿泊先か観光協会などにおたずねください。

7月の第2土曜日には、毎年、ぎおん祭りが西港で行われます。ほうろく流しがあり、花火があがる日間賀島の一大イベントです。浜辺で見る花火は、風情があります。

海水浴場前には、タコのモニュメント(人気写真スポット)あり。今は、コロナウイルス感染拡大のため、たこもマスクをしています。観光客の方にも、マスク着用のご協力、お願いします。

海水浴場、道を挟んだところで、団子など、軽食食べれます。荷物預かりもやっています。(海水浴シーズンのみ)

右側少し行くと、タコの駐在所があります。(人気写真スポット)

東港や東の海水浴場へ行くには、駐在所を通り過ぎ、このまま広い道をずっと歩いて行ってください。海を見ながら歩くのは、気持ちいいですよ。堤防の上の道が景色がいいです。上の道を歩くには、階段を上ってください。途中、ベンチも置いてあります。

右側、海を見てください。手前に見えるのが、無人島「つくみ島」。家がたくさん建っているのが、篠島。篠島の向こう側に見えているのが、伊良湖。左の遠くに見えているのが、渥美半島。火力発電の赤白の鉄塔や、風力発電の風車が見えます。

右側にうっすら見えているのが、三重県、鳥羽方面。(見えない日もあります)波の音、潮の香り、海からの風。最高に気持ちいいですよ。

西港近辺のご案内をしました。いかがでしたか?色々な楽しみ方があります。ワクワクを日間賀島で見つけてください。またお会いしましょう。 

           あと9411

コメント