階段を上る 努力する人たちへの名言集めました

スポンサーリンク

たこちゃんブログです。

かちま荘は日間賀島南の崖の上にあります。だから下の道から登ってくるには、長い95段の階段を上らなくてはいけません。

階段を上る人たちにエールを送るために、元気の出る名言を集めてみました。

そこの階段は、「天国の階段」と命名してあるのですが、かなりハアハア言うくらいの階段です。

途中に何かしら元気が出るような言葉を書いた看板を置いたら、上るのも楽しくなるんじゃないかと、主人が言うので、階段にまつわる名言を調べてみました。

今回は、階段の途中に看板を置くとしたら・・という設定なので、ジャンルは偏っています。まずは大好きな坂本龍馬の名言。

坂本龍馬の名言

「男子は生ある限り理想を持ち、理想に一歩でも近づくべく坂を上るべきである」

これなら頑張って階段をのぼれるかもしれませんね。

または、こんなのもいいかも

「業なかばで倒れても良い、そのときは目標の方角へ向かい、その姿勢で倒れよ」

坂本龍馬の有名な名言です。坂本龍馬は、おおらかな人柄で、私欲がなく、志が高く、ファンがたくさんいます。私も物事にとらわれない龍馬が、大好きです。

しかし、階段を上る途中で倒れてしまうのも、困りますね。(笑)

徳川家康の名言

「人の一生は重荷を背負て遠き道をゆくがごとし」

これも有名な言葉ですね。忍耐と努力の家康だからこその名言です。これを聞くと重い荷物を持っていても、忍耐忍耐と、つぶやきながら、階段をのぼれそうです。人生も一緒です。

水戸黄門の歌

♪「人生楽ありゃ苦もあるさ。くじけりゃ誰かが先に行く。後から来たのに追い越され、泣くのが嫌ならさあ歩け」

これは誰でも知っている水戸黄門の歌です。これなら、口ずさみながら楽しくテンポよく、上れそうですよね。

キング牧師の名言

「最初の一歩を踏み出しなさい。階段全体を見る必要はない。ただ最初の一段を上りなさい。」

似たような名言をもう一つ

「目標に向かって、一段ずつ階段を上っていく上で、一番肝心なことは、必ず、最初の一段を上るということである。そしてまた、次に一段上るということである。」

最初の一段を踏み出すことが、いかに大切かということですね。一段踏み出せば、一つ一つ上っていくだけ。やがて、いつかは一番上につく。

イチローの名言

「小さなことを重ねることが、とんでもない所へ行く、ただ一つの道」

これは、あのイチローでさえ、努力を重ねてきたということであり、才能だけでトップに立ったわけではなく、コツコツ努力し続けた結果であるということ。

長い階段を上る力を与えられそうですね。

がんばる力を与えてくれる名言

他にもがんばろうと思えるような名言がいくつかあります。

「人生苦しい時が上り坂」

「神様は乗り越えられる人にしか、その試練を与えない」

「人生苦しい時が一番成長するとき。乗り越えた先には、新しい自分が待っている」

「長い目で見れば、才能よりも重要なのは、やり抜く力なのよ」

「どんな夢でも叶える魔法、それは続けること」

「苦あれば楽あり」

どれもこれも、階段を上るのは大変だけど、がんばって上ってみようって気になりますよね。

ハアハア息切れしながら階段を上る。その途中に看板が置いてあって、がんばりたくなるようなことが書いてあったら、がんばれそうな気がする

くすっと笑えるようなことが書いてあったら、楽しく上れるような気がする。

上り切った先に何かいいことが待っているなら、がんばれそうな気がする。

まだ、計画中の段階ですが、天国の階段の途中の看板企画、また決定して、完成したらお教えします。

またたこちゃんブログでお会いしましょう。

         あと9338

コメント