日間賀島散策 みんなが知らない観光スポット 宮の鼻

今回は有名な観光スポットではないので、あまり知られていない宮の鼻をご案内します。旅先での新しい発見はワクワクします。

日間賀島は奥が深いです。マニアックな楽しみを見つけてみてください。

宮の鼻は東の海水浴場のさらに東、東の先端です。まずは、日間賀島の東の海水浴場からご案内いたします。

東の海水浴場

東の海水浴場には、監視台があり、これがインスタスポットとなっています。階段のところに立って、並んで写真を撮るといい感じになります。

そのさらに東の奥へ行くと、ハイジのブランコへ行く、階段があります。

ハイジのブランコ

ハイジのブランコへ行く階段。ここを上ります。

ハイジのブランコが揺れています。

ハイジのブランコは、日間賀島の人気観光スポットです。けれど、お客様のいない時は、寂しそうに揺れています。目の前は海で、海に飛んでいきそうで、スリルと爽快感があります。

このハイジのブランコに乗った後は、階段を下りて、さらに奥へ行ってみてください。左側にすごくきれいな地層があるところがあります。

アートのような地層

絶妙な色合いで、つやがあって、アートのような地層だと思いませんか。

その先端は、こんな感じにでこぼこしていて、これもまた、味があります。インスタスポットです。

何年も何年もかけて作られた地層。日間賀島には、どんな歴史があったんでしょうか。想像が膨らみますね。

堤防の上を歩く テトラポット見学

この地層の前には、堤防があります。テトラポットの写真を撮るために歩いていくと、海水がそこまで来ていて、意外とスリルがあります。

足元が少し凸凹しているので、お気を付けください。くれぐれも落ちないように。海に落ちて、テトラポットの間に入ってしまうと、う抜け出せないそうですよ。

テトラポットにもいろいろな形があるので、写真を撮ってみました。これは、四角っぽい感じですが、向こう側に見えるのは、丸っぽい感じです。

白龍命金太神の碑

今回の宮の鼻のご紹介で、一番教えたかったのが、この碑です。地層を周ったところの、左手に段々があり、丘に登れるようになっています。(わかりにくいですが)

そこを上ると、この碑があります。

隣の木の根っこが、空中に張り出して、まるで龍のようになっているところが、すごいと思います。これを見つけたときは、大発見したような気分になります。

どういう神様なのでしょう。分からないけど、白龍のことを少し調べてみたいと思います。

白龍とは

・天帝の使い

・最速の龍

・富や金運、財運などの運気が上昇する

・白龍の名前は「四海白龍王敖閏」四海を統治する四人の龍王のひとり。統治するのは西の海。

・古来日本には「白蛇信仰」がある。白蛇は、神様の化身で、縁起のいい動物とされていた。

龍神とは

水の神様

・豊穣の神様

日本では古くから広い地方で、信仰されてきました。

・九頭龍大神(くずりゅうおおかみ)・・神社に祀られている龍神

・八大龍王(はちだいりゅうおう)・・仏教由来の龍神

・善女龍王・・雨をもたらす龍神

・倶利伽羅龍王(くりからりゅうおう)・・不動明王の化身

・青龍・・木にあたる東方の守護

・白龍・・金に当たる西方を守護

・黒龍・・水に当たる北方を守護

・金龍・・土に当たる中央を守護

日間賀島で毎年7月に、西海水浴場の方で行う「ぎおん祭り」は、昔は「龍神祭り」と呼ばれていました。西の八幡社は、津島神社を基とする神社で、津島神社は、須佐小野の尊をお祀りし、龍神様を祀っています。

日間賀島も何かしら、龍神様と縁の深い島なのではないかと思われます。

最後に

宮の鼻を散策して、楽しかったです。何年も何年もかけて作られた地層や、龍神様の話。日間賀島という小さな島でも、歴史があり、どんなことがあったのだろうと想像すると、ロマンがありますよね。

日間賀島は昔から漁をして生計を立てていました。海は恵みを与えてくださるありがたい存在ですが、ひとたび荒れてしまうと、人間の力ではどうすることもできません。水の神様である龍神様をお祀りする気持ちが、よくわかります。

小説家なら、何かしら、物語が出来そうですね。(笑)

また日間賀島を散策して、面白いところを発見して、ご案内したいと思います。たこちゃんブログでお会いしましょう。

          あと9113

コメント