わかめ ボイルしただけで美味しい やみつき 旬を食べる 日間賀島

たこちゃんブログです。

毎年、この季節になると、漁師の人に、天然のわかめをもらいます。それをさっとボイルしただけで、やみつきになるおかずとなります。

料理というには簡単すぎますが、シンプルイズベスト。この季節には、朝晩食べますが、全然飽きません。

今回は、この愛すべきわかめちゃんをご紹介します。

生わかめ

生わかめは思ったより茶色っぽいです。このまだ寒い、春とは名ばかりの頃、この季節のわかめが一番、柔らかくておいしいです。

わかめも、徐々に固くなっていくので、本当に柔らかくて美味しいわかめを食べれる期間は、案外短いです。わかめにも「旬」があるんですね。

ボイルする

鍋にぐらぐらお湯を沸かし、わかめをボイルします。中に入れると、マジックのように、鮮やかな緑色になります。

さっと色が変わるので面白いです。箸で軽くかき混ぜて、色が変わればすぐ取り出します。ボイルというよりも、お湯にくぐらせる感じです。

水の中に入れて洗う

大きな鍋に水を入れておきます。そこへ、ボイルしたわかめを入れて、ゆすぐように洗います。わかめについているごみなどを、落とすためです。

そのあと流水でさらにきれいに洗って、ざるにとります。とにかく、ボイルしたらすぐ洗うことが重要です。

はやく冷やさないと、わかめがたらたらになってしまうからです。

この鮮やかな緑色、おいしそうでしょ。(ざるにとったところです)

ボイルわかめを食べる

わかめを、包丁で食べやすい大きさに切っておきます。調理としてはこれだけ。そして、おすすめは、マヨネーズに少し醤油を足して混ぜたマヨネーズ醤油をつけて食べること。マヨネーズと醤油の割合は、お好みで。 きちんと混ぜてから、つけて食べてください。

マヨネーズ醤油をつけた新わかめ、すごく美味しいですよ。ただ我が家は、この醤油にはこだわりがあり、南知多町の徳吉醸造の醤油。お気に入りのこの醤油を使うと、どんな料理もおいしくなります。醤油って、大切ですよ。

私は、マヨネーズ醤油派ですが、ボン酢で食べてもおいしいです。

また、味噌汁に使うときは、お椀に入れておいて、味噌汁を注ぐだけ。簡単に味噌汁ができます。(切ったネギも入れておくといいです)

保存方法

ビニール袋に小分けして(なるべく薄くして)冷凍します。そうしておけば、1年じゅう、味噌汁の具として使うことができます。家庭用なら、もっと小さく小分けしてもいいと思います。

使うだけ解凍したら、食べやすい大きさに、包丁で切って、タッパーなどに入れておくと便利です。解凍は、自然解凍か、少し水につけて解凍してもいいです。

そのままマヨネーズ醤油で食べるには、冷凍してもなるべく早めに食べたほうが、美味しいみたいです。

冷蔵庫に保存することもできますが、1週間ぐらいたつと、わかめの鮮度が落ちて、ぬめぬめしてきます。こうなると食べれませんので、捨ててください。

わかめの旬を食べる楽しみ

わかめは食物繊維やミネラルを豊富に含み、健康にとてもいいです。けれど、とにもかくにも、美味しい。

ボイルしたわかめを、そのままマヨネーズ醤油で食べる楽しみを、皆さんにシェアしたくて、日間賀島より発信しました。

またいい情報があったらお教えします。たこちゃんブログでお会いしましょう。

      あと9238

コメント