日間賀島 面白いところない? カフェまりんぶるーへ続く 勇者坂 

たこちゃんブログです。

カフェまりんぶるーは、かちま荘館内にあります。「勇気がないと入れないよね」「ここまで来てくれたお客様は、勇者だよね。」というわけで、カフェまりんぶるーに続く下り坂を、「勇者坂」と命名しました。

5月まで旅館をやっていたので、外観はどう見ても旅館。坂を下って、かちま荘内に入るのに、勇気がいり、ためらうお客さんがたくさん見えます。

かちま荘へ入って、スリッパにはき替えて、階段を下りないと、カフェまりんぶるーには、たどり着けません。

主人が、この坂を「勇者坂」と命名して、盾の形の看板を作りました。入ってきていただけばわかりますが、景色は抜群です。

料理も、「食べ物屋は味が命」という、こだわりのマスターが作る、手作りの味。マスターも、あやしい人ではなく、超まじめで超お人よし

入ってきてもらえれば、その良さがわかるのですが、隠れ家のようになっていて、わかりにくい、入りにくいというのが、問題です。

そこで、お客様の方に、勇者になって、カフェまりんぶるーに来てもらおうと、看板を作りました。

まず南側の海からくるときには、看板があります。

南側の道にある、看板。

上に昇る階段の下に、看板が置いてあります。カフェまりんぶるーに行く、道順が」書いてあります。

  1. 天国の階段を上る
  2. スナックオクトパスを左へ曲がる
  3. 自販機前で海を見る
  4. 坂を下る
  5. かちま荘内カフェまりんぶるー

天国の階段を上る

スナックオクトパスを左に曲がる

この道を歩いていくと、右側にもう一つ看板が

自販機前で海を見る

ここにもう一つ、矢印のついた看板があります。この矢印の方向に、かちま荘に続く坂があります。ここが勇者坂です。勇気のある人しか、下りれません。

勇者坂 

坂の途中にデイゴの木があります。そこに、看板があります。「かちま荘内のカフェにたどり着けたら勇者です。恋人たちのデイゴに勇者の剣がささっています。抜かないでね」

勇者の剣

勇者の剣です。お気づきのように、看板も勇者の剣も、主人の手作りです。

勇者の最後の難関

勇者の最後の難関は、旅館風の造りのかちま荘内に入ること。そこで、スリッパにはき替えること。そして、さらに、階段を下りていくこと。

階段の下には、ブラックホールがあります。落ちないように。

それを乗り越えると、そこには、天国が待ち構えています。

カフェまりんぶるー

お座敷カフェまりんぶるー。外はすぐ海。海が一望できます。

階段に、恋が実るというハート石があります。

うれしいときには、笑って見える「喜びと悲しみの石」があります。

オープンカフェまりんぶるー、波の音を聞きながら、海と一体化。

朝10時から、夕方5時まで、営業しています。朝早くや、夕方、雨降りは、お客さんが少ないので、海を独り占めできるかもしれませんよ。何時間滞在していただいてもかまいません。

暇な時間帯なら、お人よしのマスターとおしゃべりしたい方も、歓迎です。カフェのママは、手相を見る趣味があるので、無料で拝見しますよ。声を掛けてください。

コスプレもできます。海賊・乙姫・人魚。1着30分、¥1000ですが、服の上から着られるので、2分ぐらいで、着替え完了。1着を3人で、シェアしてもらってもいいです。

1時間半¥2000という、島内散策コースなら、海水浴場などで、撮影もOKです。

他にも、館内には、折り紙、昔話など、楽しめる工夫が色々あります。

とりあえず、勇者になって、カフェまりんぶるーにたどり着いてください。お待ちしています。またたこちゃんブログでお会いしましょう

        あと9354

コメント