大根の皮で作る漬け物 シャキシャキで美味しい 節約ライフを楽しむ

スポンサーリンク

たこちゃんブログです。

日本全土にコロナが拡大して、大変な世の中になりましたね。飲食業も大変です。こうなったら、知恵を絞って、節約ライフを楽しむしかないと思い、非公開の節約レシピをお教えします。

今回は、大根の皮で作る漬け物。捨てられてしまう皮の部分で作ると、シャキシャキして、おいしくて、やみつきになります。レシピをお教えします。

大根の皮の漬物レシピ

大根でおでんを作るときなど、皮をむいた時の皮の方を利用します。

皮の一番外の汚い皮だけ、包丁で、薄くそぎます。

外の薄い皮だけそぐことは難しいので、包丁の刃を向こう側に向けて、そいでください。(手を切らないように)どうしてもできない方は、しっかり洗えば、そのままでも食べれます。

皮を取り除いたら、真っ白な大根になります。

食べやすい大きさに切り、塩をふりかけておきます。

甘酢を作ります。これは、どんな時も使えるので、覚えておくといいですが、砂糖を用意して、そこへ、酢を足すぐらいの気持ちで、作るといいです。

たっぷりの砂糖に

酢を入れる

大根の場合は、酢と砂糖だけでいいですが、それにほんの少しだけ醤油を足した甘酢は、他の酢の物全般に使えますので、多めにつくって、ボトルなどに詰めておくと、便利です。

甘酢に昆布の切ったものと、ゆずの皮をいれます。ゆずがなければ、レモンを切ったものを少し入れてもいいです。お好みで、そこに鷹の爪を入れてもいいです。

塩をふった大根から、水が出てきたら、甘酢の中に入れます。これで、2日もすれば、食べれるようになります。シャキシャキして美味しいですよ。

捨てちゃうような部分も、ちょっと手をかけると、こんなに美味しくなります。それに、節約している感があって、けっこう楽しかったりします。

大根の漬物 料理処編

これは実は、きちんと大根の本体の方でも作ることができます。その場合は3㎝ぐらいの輪切りに切って、それを下5㎜をつなげたまま、縦横に細かく切れ目を入れます。(上下に割り箸を置いて切ると、失敗しません)

その上に少し多めに塩を塗り、縦横1㎝に切ります。それに甘酢を入れて出来上がり。作るときのコツは、甘酢は最初少ないかなあと思うぐらいにすることです。大根から水が出てきたら、ひたひたになるまで、甘酢を足したり、すっぱすぎたら、水を足します。

大根によって、出てくる水分量も変わってくるので、その都度、甘酢の味は確認しながら、お好みの味にすることが大切です。

こちらは、見た目もきれいで上品なので、お客様にも出すことができます。(旅館をやっているとき、出したりしていました)

大根の皮の方が庶民的ですが、シャキシャキ感は、皮の方が上だと思います。

人間はどんな時でも考える力があります。節約レシピを考えるのもけっこう楽しいですよね。また何かいいレシピがあったら、発信します。たこちゃんブログでお会いしましょう。

          あと9272

コメント